下代(げだい)とは?上代との違いや実際の使い方

下代(げだい)は、仕入れをするときには欠かせない価格表記のひとつです。

メーカーや卸売業者との直接交渉にはもちろん、展示会や仕入れサイト内でも日常的に使う言葉ですので、仕入れをはじめる前にぜひおぼえておきましょう。

 

下代とは?


下代とは、商品を仕入れるときの取引価格のことをいいます。
卸売価格や仕入れ価格、仕切り値などと呼ばれる場合もありますが、基本的にこれらは同じ意味合いで使われます。分かりやすくいえば、“メーカーや卸業者からいくらで商品を仕入れることができるか”を示した価格のことです。

 

 

上代(じょうだい)との違い


下代とともによく使われる言葉として、上代があります。
小売店側が仕入れるときの価格が下代なのに対し、上代はその仕入れた商品を一般消費者へ販売するときの価格のことです。(※一般消費者への価格表記については、『上代ってなに?価格表記のさまざまな違いについて』をご参照ください)

上代は一律の価格であることが多いのに対し、下代は業界や取引先ごとに掛け率(※注)が違うことが多いため、価格もそれぞれのケースで異なるのが一般的です。

たとえば上代 1,000 円の商品を仕入れる場合、掛け率が 60 %であれば、下代は 600 円ということになります。

 

※注
掛け率とは
上代(販売価格)に対する下代(仕入れ価格)の割合のことで、商品を販売価格の何%で仕入れることができるかを示しています。掛け率は業界などによってもまったく異なりますが、原価や利益に直接関わることでもあり、一般消費者には基本的に公開されないのが特徴です。雑貨やアパレル業界では、掛け率 50 ~ 60 %が一般的といわれています。

 

 

商談現場での使い方


ちなみに実際の商談の際には、掛け率は “~掛け” と呼ばれることが多く、たとえば掛け率 60 %の場合には「 6 掛け(ろくがけ)」と表現されたりもします。掛け率が 55 %であれば「 55 掛け(ごじゅうごがけ)」、50 %であれば「 5 掛け(ごがけ)」といった具合ですね。

そして下代の計算をするときは、1,000×0.6=600 円という感じで、小数点以下に“~掛け”内の数字を当てはめればスムーズです。展示会やメーカーなどへ直接仕入れに行くときは戸惑うことも多いかと思いますが、こういった小ネタもぜひ参考にしてみてください。

 

 

まとめ


下代とは、商品を仕入れるときの取引価格のこと。
メーカーや卸売業者からいくらで商品を仕入れることができるかを表しています。

上代がほぼ一律の価格であるのに対し、下代は業界や取引先ごとに掛け率が違うため、価格もそれぞれのケースで異なります。

実際の商談現場では、掛け率は “~掛け” と呼ばれることが多いので、スムーズに対応できるようにしておきましょう!

 

以上、『下代(げだい)とは?上代との違いや実際の使い方』でした。
仕入れやショップ運営自体がはじめての方々にはもちろん、商売慣れしているけれどあまり意識していなかった、という人にも参考にしてもらえると幸いです。

 


 

私たちは、天然素材を中心としたインテリア雑貨・ファッションの製造卸メーカーです。仕入れに関することは、弊社運営サイトよりお気軽にお問い合わせください。

さらにサイトでは、常時 2 千点以上の豊富なオリジナル商品が年会費無料でお仕入れ可能です。ぜひチェックしてみてください!

 

▼サイトへは下記からどうぞ▼

ナチュラルな暮らしをご提案する志成販売の卸・仕入れサイト SHISEIHANBAI