Google の CM に込められた、大切なメッセージ

普段テレビをご覧になる方であれば、定期的に Google の CM を目にされているかもしれません。

最近よく流れているのは、女の人たちが自由に会話しているシーンからはじまって、気になったことをそのままの言い回しで検索してみる、という内容。カレー屋さんやフレンチレストランを探したり、アベンジャーズの映画をうろおぼえのまま検索したりしていました。

 

たとえばカレー屋さんを探しているときの内容がこちら↓

大まかなやり取りはこんな感じです。

「カレー食べたい」

「どんなカレー?野菜がゴロゴロ入ってるやつとか?」

「トロっとしてるカレー?」

「ビリビリってやつは?」

「ん~シャバシャバな感じ」

「シャバシャバ?なにそれ、わかんないわかんない」

「え、じゃあそのまま調べてみる?

ひとりがGoogle で検索していきます。「近くのシャバシャバなカレー」

すると、近所のお店が画像や地図とともに次々と表示されていく、という内容です。

 

これって本当にすごいですよね。「近くのシャバシャバなカレー」と検索しただけで、現在地に近いお店の情報や画像、さらにはシャバシャバしてそうなカレーの動画まで表示されています。

ためしに「シャバシャバ カレー」の月間平均検索ボリュームを調べてみると、500 以下のロングテール(スモール)キーワードでした。( 2019 年 5 月現在)

もしこのキーワードに対するコンテンツをあらかじめ用意できていたとしたら、検索結果ページでの上位表示はそれほどむずかしくはないでしょう。地域ごとのローカル SEO(※注)に対応していればなおさらです。

つまり Google は、こういったラフな言い回しの検索にも十分対応できることをアピールしつつ、もうひとつ大切なメッセージも込めていると思います。しかもそれは一般の人に向けてではなく、ショップやサービスを提供している側の人に対して、です。

 

それは、『こういった言い回しの検索にもどんどん対応していますから、それにこたえるようなコンテンツを用意しておいてくださいね』です。

この CM の場合はカレーでしたが、もしあなたが何らかのショップやサービスを展開されているのであれば、その分野でのこういった SEO には対応しておかないといけません。逆にできていない場合は、まるで存在していないかのごとく表示されないか、対策をしっかりしている競合他社にお客様をどんどん奪われてしまうことになりかねません。

検索エンジンの進化に対応していくことは、結果としてお客様に選んでいただけることへとつながります。ぜひ、今回取り上げたような “そのままの言い回し(ロングテールキーワード)” への対応も考えてみてください。

 

※注
ローカル SEOLocal SEO)とは、特定の地域や場所が関係しそうなキーワードが検索されたときに、その検索結果で上位表示されるようにしておくことです。

 

関連記事:「ショップの売上げを変える、SEO キーワードの選び方」

 

 


 

私たちは、天然素材を中心としたインテリア雑貨・ファッションの製造卸メーカーです。仕入れに関することは、弊社運営サイトよりお気軽にお問い合わせください。

さらにサイトでは、常時 2 千点以上の豊富なオリジナル商品が年会費無料でお仕入れ可能です。ぜひチェックしてみてください!

 

▼サイトへは下記からどうぞ▼

ナチュラルな暮らしをご提案する志成販売の卸・仕入れサイト SHISEIHANBAI