集客を成功させるための方法とは?

ラフィアベレー帽

集客をどうやってしていくかや集客方法については、みなさん一度は悩まれることだと思います。
せっかく店舗を運営していてもお客様が増えないと困りますし、ゆくゆくは運営自体がむずかしくもなってしまいます。なるべく早いうちから、集客力はアップしておきたいですよね。

特にインターネットを使った Web 集客は、あらゆる業態で重要になってきています。

たとえば大切な人へのプレゼントを探すときは、デパートやショップを巡るよりもまずはスマホで検索、という人は多いはずです。どこかに旅行をするときでも、ガイドブックを見るよりネット検索をしている時間の方が多いと思います。

そして、そういった行動の変化は国の調査でもはっきりとしています。

 

 

スマホからのショッピングが主流に


総務省がまとめたデータによりますと、2017 年のインターネット利用率(個人)は 80.9 %で、13 歳~59 歳までの年齢層では実に 9 割以上もの人がネットを利用しています。
(※引用元:総務省「情報通信白書」平成30年版

_年代年収別

 

また、世帯収入別に見ると、400 万円以上の世帯では利用率が 8 割を超えていることもわかります。つまり、収入の多い世帯ほどインターネットをよく使っているということになります。

世代別の利用目的につきましては、以下のグラフにまとめられています。

_利用目的別
※出典:総務省「通信利用動向調査」年齢階層別インターネット利用の目的・用途(複数回答)

ここで重要なのは、商品・サービスの購入・取引(金融取引・デジタルコンテンツ購入を除く)を見てみますと、20 ~ 49 歳までの約半数の人が利用していることがわかります。

つまりこの世代の 2 人に 1 人は、何らかの商品やサービスをインターネットで購入しているということ。

 

また、デバイスごとの利用割合は「スマートフォン」( 59.7 %)が最も高く、「パソコン」( 52.5 %)の利用率を初めて上回りました。

これは 2017 年を境に、パソコンよりもスマホでのネット利用が主流になったということを示しています。

 

 

自分のショップを見つけてもらうために


ドライフラワーとリューズガラス

このようなデータからもわかりますように、今や集客のために Web ページはもちろん、スマホへの対応も不可欠になってきています。それに、あなたのショップやサービスがネット上ですぐにわかるようにしておかないと、そもそも気付いてももらえないかもしれません。

そうならないための対策、つまりお客様が何かを検索したときに、他のショップではなくあなたのお店にすぐ気付いてアクセスしていただけるようにしておくことを“ SEO 対策”といいます。

この SEO 対策がきちんとできていれば、集客は劇的に成功しやすくなります。

 

ネット上には膨大な数のショップがありますので、何もしなくてもお客様が勝手に気付いて来てくれる、なんてことはほぼありえません。仮に路面店やショッピングモールに実店舗を構えている場合であれば、通りすがりの人にアピールすれば多少は気付いてもらえるでしょう。

しかし、もしネットショップを開業したものの特に何もアピールしていないということであれば、たとえるなら人通りのまったくない山の中にお店を出し、そこでじっと待って誰かに見つけてもらおうとしているようなもの。運よく通行人がいたとしても、その人がお年寄りなのか子どもなのか、そもそもどういった目的でここを通っているのかすらわかりませんよね。

にもかかわらず、お店に興味を示してくれることをひたすら願い、さらに商品まで買ってくれるのをじっと店内で祈っていては、ただの運任せで終わってしまいます。

 

では、どうすればネット上で自分のショップを見つけてもらいやすくなり、商品にも興味を持ってもらえて、さらに買い物までしていただけるようになるのでしょうか。

次回はそのために必要な SEO についてご紹介させていただきます。

 


 

私たちは、天然素材を中心としたインテリア雑貨・ファッションの製造卸メーカーです。仕入れに関する疑問などは、弊社運営サイトよりお気軽にお問い合わせくださいませ。

さらにサイトでは、常時 2 千点以上の豊富なオリジナル商品が年会費無料でお仕入れ可能です。ぜひチェックしてみてください。

 

▼サイトへは下記からどうぞ▼

ナチュラルな暮らしをご提案する志成販売の卸・仕入れサイト SHISEIHANBAI